ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

国家試験を終えて、結果は全体では厳しい物でした。

しかし、私が教えていた学生の12名が新しく歯科医として誕生しました。

3月17日発表以来、合格のメイルや電話が鳴り。一日でそのすべてが把握できました。

その後一昨日に一人、卒業に少し遠回りした学生が突然診療が終了間近に現れました。

"国家試験に合格したい事を直接告げたい" とい事でした。

ちょうど土曜日に手伝いに来てくれている後輩の先生と一緒に喜びを分かち合いました。

よかったです。実は彼は2年間診療の休みの日を利用して教えました。

何とか今年合格にこぎつけました。目頭が潤んでいました。

お父様は号泣していたそうです。

今は歯科医師になるのは大変な時代です。

 

もう一人は今年は卒業したものの歯科医にはなれなかった学生です。

関西の実家に帰るという挨拶に昨日きてくれました。

頂いた手紙を供覧します。

穴田君からのお礼状.jpg

彼らしい細かな字で感謝の気持ちを表してくれました。

一年と短い期間でしたが、矯正はよくできる科目になりました。

来年はきっと歯科医になって挨拶に来ると約束して帰りました。

春はこんな季節ですね。

少し寒いのも色々な事を考え始めるにはよいかもしれません。

 

第110回歯科医師国家試験

今週末に第110回歯科医師国家試験が行われます。 現在は歯科医師になるのが大変な時代になってしまいました。 急速に冷え込む経済と歯科医師過剰が生んだ産物です。 学生には罪はありません。   私はもう20年以上矯正歯科学を6年生の有志を集めてボランテイアで勉強会を開いています。 診療所が大学から近い事もあり、水曜と木曜の診療が終わってから講義を行っていました。 週2度の講義です。矯正歯科の...
続きを読む

論文査読

昨年から矯正の学術的な国際誌から査読が来るようになりました。 これで4編目です。矯正歯科の分野では最高峰のジャーナルです。   今年は校閲ガールがドラマになっていましたが、校閲とは違います。 ドラマの中で色々な事を調べる点では同じです。 "これは校閲の仕事ではない。編集の仕事だ!" と言われていたシーンがあったかと思います。   査読は論文を採用するかどうかの審査をします。 よ...
続きを読む

セカンドオピニオンの増加

最近になってセカンドオピニオンが少しずつですが増えてきました。   内容は大人の方の床矯正、マウスピース治療(かぶせるだけで治る物すべて)、部分矯正です。 さらにはリンガルブラケットやインプラント矯正などです。床矯正は乳歯のあるお子様に使用する単純な矯正器具です。これで成人の方の歯の排列には無理があります。   先日来られた相談者のお口の中には上顎は裏側からリンガルブラケットそ...
続きを読む

患者様が治したい事 主訴(しゅそ)

私どもアイ矯正歯科に初めて来られた方に最初にお聞きすること それは "主訴" です。 主訴(しゅそ)はその患者様が治したい事、気にしている事、どうしてアイ矯正歯科に来たか? などが含まれています。   初診のカウンセリングは私か副院長が担当します。 約30分はかけて治療例などを見て頂いて説明させて頂きます。   実は主訴の多くはその方の横顔になります。 横顔が突出しているという...
続きを読む

本格矯正?それとも部分矯正?

いつもカウンセリングしているとこんな質問を多く頂きます。 ・前歯だけでいいんですけど? ・上だけではできませんか?   この2つの質問は本当によく受けます。   先日の事、部分矯正後の保定中の患者様が相談に来られました。 私は "口もとが出ているのを気にしていますか?"と単刀直入にお聞きました。 どこを治したいか?というのは重要な事です。   実は成人の患者様の約80...
続きを読む

アメリカ矯正歯科学会誌の査読 AJO-DO

アメリカ矯正歯科学会誌  American Journal of Orthodontics Dentofacial Orthopedics (AJO-DO) の査読者(reviewer)を今年に入って2編行いました。 その感謝状です。 査読というのは耳慣れない言葉です。 これは論文を掲載するどうか?を判定する人の事です。 AJO-DOはAngle Orthodontist, Europern J...
続きを読む

本物を見つけてください

前回は日本矯正歯科学会、歯科医師会から矯正治療のトラブルが多いという事をお知らせしました。 ではなぜこんな事が起きるのでしょうか?   私はよく患者様にこういった話しをします。 " 歯を動かすためのお薬はありません " " ではどうやって歯は動くのでしょうか? " 歯周組織の循環を損なわない程度の力を加えて歯の周りの組織のリモデリングを起こして 歯は移動します。   難しい話し...
続きを読む

大きな問題

今月の日本矯正歯科学会のinformation letterと神奈川県歯科医師会の医事処理検討部会だより の両方で同じような内容が記載されていましたので報告します。   それは残念なことなんですが、矯正歯科治療に関するクレームが多く寄せられているというものです。   私も最近になって新しく来られた患者様のカウンセリングをしていて気ずくことがあります。 とても安易なお考えをお持ち...
続きを読む

部分矯正の危うさ

・部分矯正の危うさ よく部分矯正ではというご質問を受けます。 あえてこの事に触れます。   ・部分矯正の利点とは 料金が安い。短期間で終わる。 上記2つに集約されています。確かに矯正治療費は高額ですね。   では部分矯正とはなんでしょうか?   私ももちろん部分矯正を行った経験はあります。 しかし、全体の患者様の数の1%にも満たない率です。   部分矯正はあ...
続きを読む
最新治療例ブログ

2017年3月

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

アーカイブ