ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

お医者様 

さて、お医者様というのはどうも古い呼び方でしょうか?

私にはこの方がしっくりくる言葉です。

 

さてアイ矯正にはお医者様の患者さんが数人います。

 

今日珍しく2人が同じ時間でしたが、

個人情報保護で決して告げたりはしません。

 

しかし、どうもお医者様を治療する時は、

なぜか緊張するものです。

 

私の友人にも医師はいます。

わたしの結婚式には6名の医師が参列してくれました。

 

小さな結婚式だったので率としては高いものです。

 

5名は友人で1名は私を治療してくださった先生です。

私は患者で先生は教授として私の診療にあたってくれました。

患者と医師でしたが結婚式には出るからねっと言ってくださいました。

とても尊敬できる教授でしたが数年前に他界されました。

 

信じられないかもしれませんが患者と主治医でしたが、

わたしを娘のように思ってくださったのかもしれません。

 

今ではそんな患者さんと主治医の関係は珍しいかもしれません。

教授は多忙だったはずです。

 

人と人そこには信頼と患者と医師を超越した個人があったかもしれません。

長い通院の間に患者と医師の信頼関係があるのはすばらしいことです。

私もいつかそんな経験ができるといいなっと思います。

 

さて、アイ矯正歯科は育成医療機関です。

手術が必要な患者さんは保険が適応できます。

大学病院となにも変わらない資格を有しています。

 

地方でどうも経験のない先生が担当していたらしく、不安に思われた方が来院でされました。

 

私どもは保険でできる治療は保険で必ずします。

 

矯正医院選びの一つの目安にこの育成医療機関があります。

 

これは神奈川県知事の認可が必要です。

信頼いただける一つの基準です。

この資格があれば将来成長によって手術が必要になった時に

保険が使えます。安心です。

 

先日、主人も日大出身の医師であり旧友とあって楽しい時を過ごしたそうです。

産婦人科医になった彼はは広島と埼玉を毎週行き来しているそうです。

 

会えば昔に戻れる。健康でよかった。

そんなことを思うのは年をとった証拠ですね。

 

今日は近年では一番大変だった患者さんだったSさんが久しぶりに来院されました。

フランスに行ってらしたとの事。

歯並びは十分世界レベルに治っています。

すごい難しい治療でした。

 

 

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ