ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

わかってほしいな。

新しい患者さんとお話している中で歯を抜かないで矯正治療をしてほしいという希望が多くあります。

 

もちろん歯をただ並べることはできます。

おそらくどんなデコボコや排列スペースがなくても。

 

でもそれは新しい不正咬合を作り出しているだけだということを考えてほしい。

 

もちろん、矯正医も歯医者ですから歯を抜きたい人はだれもいません。

しかし、抜くという行為の損失を超えても十分な効果がある時だけ抜くことを勧めています。

 

歯を抜かずにただ並べるのは簡単なのです。

でも後戻りはするし、歯の根が吸収したり、ひどい時は歯が骨から露出したりします。

 

矯正の歴史は歯を抜かないことから始まり、

そしてそれではうまくいかなくて歯を抜くことになった。

これが近代の矯正の流れです。

 

いつまでたっても患者さんを惑わせないでほしい。

きちっとして教育を受けた矯正医ならすべての不正咬合を歯を抜かずに治せるわけはないこよは知っているはずです。

 

もしすべての不正咬合は歯を抜かずに治療できる?

という問題が歯科医師国家試験に出題されればもちろん×を付けなければいけません。

 

繰り返しますが歯を抜かずにただ歯を並べるのは簡単にできます。

でもそれは上下顎前突という新しい不正咬合を作ることもあります。

口元が出てしまい、そして歯が咬みあわない。

そんな症状が出てしまいます。

  

装置や治療の仕方で診断が変わることはありません。

なのに・・・。

 

アイ矯正も歯は抜きたくありません。

抜かずにできる症例も多くあります。

しかし、できない症例もあるのです。

 

わかってほしいな。

 

そのために後悔している患者さんが多くいることも。

 

なんども繰り返します。

歯を抜かずに治る患者さんも多くいます。

そして抜いたことによって治る患者さんも多くいます。

誰も歯は抜きたくありません。

抜かない方が簡単なのです。ただ並べるだけですから。

治療後、安定しません。

きちっとした検査に基づいた診断に従った治療をしなければなりません。

 

わかってほしい。

それだけの治療効果があって必要な場合はやもえず歯を抜く場合もあるというこを。

犠牲になった歯の分もそれ以上の効果があるから抜くということに理由があるのです。

 

どうかよくお考えになって矯正歯科医院を選択してください。

何軒もまわって納得のいく矯正歯科医院で、後悔はしないように決断してください。

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ