ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

シカゴからの友人

2002年から3年にかけて主人はシカゴに留学していました。

その時の同僚が来日しました。

 

もともとオリジナルはフィリピンの人です。

お母様もフィリピン大学の教授をされていたという一家に育っています。

 

彼女は10月にフィリピンで結婚してマニラに里帰りして

シカゴに帰国する途中に一泊したので会いたいとのことでした。

 

私も一緒に行きました。

彼女は現在イリノイ州立大学シカゴ校の矯正かでアシンタントプロフェッサーとして

また学生を扱うデレクターもしているそうです。

週に4日学生を教えるそうで、それは大変だと言っていました。

 

主人と彼女は同じ留学生だったのです。

きびしいデレクターの下で仕事していたようです。

おたがいにsuvive(生き残って)よかったね。

と言っていました。

 

東京を観光しました。

やはり浅草寺、実は私も初めていきました。

すごい。観光客はこれでも少ないそうです。

でも仲見世がきれいにまっすぐですばらしい。

 

その後、皇居をみたりしましたが、

一番盛り上がったのは渋谷のスクランブル交差点です。

どうしてこんないたくさん人がいるのか?

どこへいくのか?っと尋ねられても・・・。

 

確かに困る。どこへいくのだろうか?

 

ひさしく渋谷には来ていなかった。

年寄りにはようがない。

 

忠犬ハチ公の前で記念撮影。

帰国したら、バイオハザード4とハチを見るように言っておきました。

 

さて1日英語ばかり。

通じない、わからないだけど楽しい1日でした。

 

あれから8年が経ちました。

 

お互いに生き残ってよかったね。

 

どうしてシカゴに来ないの?

今年はアメリカ矯正歯科学会がシカゴでありました。

 

でもなんとなく心のなかでもう少し整理がついたシカゴにいつか行きます。

なんとなく、まだ大変だったことが思い出されるだけで。

 

テリーズも大変だったんだな。その確認ができただけでも

私たちだけではなかったんだなっということが確認できてよかったです。

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ