ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

おはようございます。あいさつをすること。

日本矯正歯科学会のために名古屋に行った時のこと。

私は主人と岐阜にある十八楼というホテルに泊まった。

 

名古屋と岐阜は東海道線で1本である。

 

翌日、金華山、岐阜城、そう織田信長で有名な金華山の下を散歩していた。

 

小学生の集団がやってきた。

 

先頭を行く先生はやや大きめの旗を持っている。

 

小走りに行く女性の先生が「おはようございます」と挨拶をしてくれた。

私たちも「おはようございます」と返した。

 

そのあと来る生徒全員が挨拶をして通り過ぎた。

「おはようございます」 「おはようございます」・・・・。

の繰り返し。

クラスが変わっても同じことが繰り広げられた。

 

少し疲れて無視したら

ガキ大将ポイ、3人が「あの人耳が聞こえないんだぜ」と言っているのです。

 

これは挨拶しつずけなければ

久しぶりに100回ぐらい「おはようございます」

を言いました。

 

さて、子供より大人が劣っていることの一つではないでしょうか?

子供は必ず挨拶を返してくれますが

大人そうではない。

 

「おはようございます」

あれ!!!っと言った瞬間があります。

 

そんな時、私はこう思うことにしている。

恥ずかしいんだ。気がつかなかったんだ。

 

挨拶はしなければいけない。

そんな大人ではいけない。

 

だから100回挨拶した。

子供の心のすぐれたところを私が折らないようにしなければいけない。

 

そんなことを思った。

 

「挨拶ぐらいしろよな」

そんな言葉聞こえてきそうだ。

 

「愛」アイの反対語は「無視」なんですよね。

そして一番つらいのは「孤独」なんですね。

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ