ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

ゴールデンウイーク2 続編 今度は浜松へ

2泊3日の旅はあわただしいものです。

実家に戻って最終日

最後の日の行動も毎回同じものです。

父は毎朝6時には起きます。

問題は朝ごはんの終わった後にすぐにデイケアに歩いて行ってしまう事です。

9時からなのにすでに玄関の前で待っています。

それがなぜ問題かというと

従業員の方たちがまだ時間になっていないのに

仕事を始めなければならなくなるからです。

私も家で寝ているとぐっすり朝寝坊したくても

7時には人の気配で目が覚めてしまいます。

 

どうも認知症になると自分本来の部分が強く出るようです。

父は昔から朝が早いのです。

そして、家族の中では1番自分勝手な人でした。

母は草むしりをしてきなさいっと言いますが

昔からしたことはなく

無理無理と私は笑っています。

 

どうも毎朝こういったやり取りをしているようです。

 

9時30分に車で自宅を出ます。

静岡の舞浜海岸を目指します。

 

魚あらに行くのです。

愛知県豊橋市は静岡県との県境にあります。

名古屋は遠方にあり

タモリの名古屋いじめの時代には同じように扱われましたが

実は静岡に近いのです。

名古屋は三重県に近いのです。

 

知っていましたか

あの世界のトヨタは静岡の出身です。

愛知県ではありません。

トヨタ商法の有名な言葉は

"かわいたぞうきんをしぼれ"

という言葉に象徴されるような

倹約した感じを受けます

これは愛知のイメージです。

ケチです。

 

魚あらは舞阪という所にあります。

浜松市までは行きません。

浜名湖のほとりです。

目当てはこの天丼です。

uoara.jpg

活えび天丼です。

私もこれが大好きです。

えびは生きたものを使用しています。

可愛そうですが普通の天丼とは味が違います。

えび3匹はついています。

大好きです。

浜名湖を見ながら食べれます。

この店も昼は満員です。いつも待たされます。

今回は潮干狩りの人たちの渋滞にぶつかって大変でした。

 

さてこれを食べると両親とは握手してお別れです。

私はこのまま浜松西インターへ向かいます。

両親は東海道線で豊橋へ帰ります。

最近は必ず握手します。

「またおいでんね」

母が三河弁で言います。

私は

「元気でね。死んじゃいかんよ」

と答えます。

「死にゃーせんよ」

と父が答えます。

 

渋滞を回避して曲がった道に

しらす販売の旗を見つけ行ってみることにしました。

堀江という店です。初めて入りましたが

ガラスのケースに色々な大きさのしらすが並べられています。

どうもしらすだけを主に扱っているようです。

ワンパック500円で3パックに保冷剤を購入しました。

パックに入ったしらすを新聞紙に包んでくれました。

古新聞紙、包装紙にしている。いいですよね。

家に持ち帰ると、しらすはおいしいと好評でした。

今度通信販売で買います。

 

さて最後に この1枚 Kouen.jpg

私が子供のころ遊んだ錦町公園です。

今見ると本当に小さい公園です。

この整備されていない公園に昔はたくさんの友達で遊びました。

今は誰もいません。

少子化を感じます。

 

昔はおもちゃというよりは友達がそのかわりでした。

お互いさまです。

あの花火も惨事もここで起きました。

独楽(こま)回しが自慢なのもここで練習したものです。

 

なつかしい

でもこんなに小さな公園だったんだ。

そのブランコや砂場に座って

友達が来るのを待つ自分を懐かしく思い出しました。

 

さて、ゴールデンウイークは私にとっては終わりです。

渋滞を避けて帰ります。

 

次はいつ帰れますかね。

お互いに元気で頑張って生きましょう。

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ