ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

疑惑 嘘?

iPSの人体への応用が話題になったが

 

やはり、虚偽だったようです。

 

タイミングよくノーベル賞の受賞と重なってしまい

思いもよらない大騒ぎになってしまったのかもしれません。

 

しかし、それにしても研究者が虚偽の発表をしてはいけません。

 

iPSがもし心臓の再生に役立てば

 

今、心臓移植を待っている人にも大変な朗報になったことでしょう。

心臓の筋肉は再生しません。

なので心臓癌というのは聞いたことがないはずです。

 

再生しない臓器は一度ダメージを受けると回復が難しいのです。

 

分子生物学という分野は形態学と違ってねつ造という疑惑があるようです。

以前もねつ造で失脚したという話を聞いたことがあります。

 

また、驚くのは共同演者になっていた方たちです。

 

共同演者はもちろん共同責任です。

知らずに名前を使用されたというのならまだしも

知っていたという事になれば同罪です。

 

科学者としても倫理とモラルを守ってほしいものです。

 

アイ矯正歯科に来られる患者さんの中には

色々なホームページを見て

何軒かまわって来られる方がいます。

また、初診を受けた後にいろいろとお考えになり

戻って来られる方も多くいます。

 

それはホームページにリンガルブラケットやります。

どの矯正医院にも記載されていますが

行って見ると

おこなっていない、あるいはやらないことを勧められたなど

違うものがあるとのことです。

 

これもモラルの問題でしょう。

いくらインターネットの時代でも医療人のうそはいけません。

 

私はうそをついていない事を示すために

患者さんにお願いして症例を掲載させていただいています。

 

そういった経験のある患者さんが多いせいか

快く掲載に応じてくださいます。

 

ここでブレイクしてなつかしい写真を一枚掲載します。

 

youteizan.jpg

2007年に北海道でおこなわれた歯科基礎学会に参加した時のものです。

確か9月の終わりごろではないかな?

学会終了後に友人が開業している岩内まで足を延ばしました。

この友人は学生時代に同じアパートで生活していました。

 

北海道医療大学に勤務している友人が北大まで迎えに来てくれて

2人で2時間ドライブして岩内に到着し、温泉にも入りいい時を過ごしました。

夜遅くまで話が尽きなかった事

彼の話がおもしろくて、3人で一生分笑いました。

 

翌日、羊蹄山(ようていざん)を背にした一枚です。

大学の職員だったころはこうして学会参加のお陰で全国へ旅をしました。

 

その土地で開業している友人には世話になりました。

 

友と会うとその時代にすぐにもどれます。

今の立場や仕事はいろいろですけど過去には戻れるんですね。

 

 

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ