ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

円安

私は2002年から3年にかけてシカゴにあるイリノイ州立大学シカゴ校の矯正科に留学していた。

その時はたしか1ドル130円ぐらいだったような記憶があります。

これが私が1年間住んでいた部屋です。

シカゴの部屋.jpg

この部屋だけです。

ベッドは左側の壁が倒れてベッドになります。

なのでこのカーペット全体がベッドのスペースになります。

小さな部屋でこれにトイレとお風呂、オーブンのついた電気コンロがありました。

建築されたのは80年ぐらい前の古い建物です。

驚くのはシャワーからお湯がすぐに出てきます。

これがどうなっているかわかりませんが

アメリカでは電気代と水道代が含まれています。

これはよくないと思うんですけど使いたい放題です。

真冬のシカゴは川も凍るほどなのに室内ポカポカです。

 

安全を考えてシカゴの中心にこのビルはあります。

そのため家賃は約900ドルだったと思います。

 

900ドル×130円=117000円高いでしょ。

給料は大学からもらいながらの留学でした。

なるべく安くおさめたかったのです。

 

今なら1ドル90円とすれば81000円です。

1300ドルの部屋は窓から通りが見え2倍以上の広さがありました。

 

なつかしいこのこの部屋には開けることができる窓がありませんでした。

 

今だったららシカゴを楽しめたかもしれませんね。

 

輸出、輸入にかかわっている職業の方は大変です。

毎日のことですからね。

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ