ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

新しいリンガルブラケット

私たちアイ矯正が使用しているリンガルブラケットは

世界で最初にリンガルブラケットを開発したFujitaの第5世代の物を使用しています。

 

長い試作期間を経て1970年代にはベースとなる形はできていました。

それ以後現在に至るまで5回改善を加えたものです。

 

昨日、大親友の洪先生が来日しました。

目的は後輩が主催する勉強会に招待されたためです。

 

彼のプレゼントはこれです。

新しいブラケット(洪).jpg

新しく彼が作ったブラケットです。

コンセプトはまったくFujita第5世代と変わりませんが

少しブラケットが薄くできています。

細部にわたる部分はまだ粗削りですが

完成度が高くなれば十分使用に耐えるものになるはずです。

まだ試作品だけどっと言っていただいてきました。

 

少しづつ必要に応じて変更を加えていけばきっと良いものができるでしょう。

私たちアイ矯正もリンガルブラケットを大量に使用している

クライアントとしても興味のあるところです。

 

昨日の宴は横浜で行いました。

私たちの先生である鶴田先生を囲んで

弟子2人と楽しい会になりました。

 

昔話に花が咲き、今の歯科事情を憂うと言った具合でしょうか?

 

土曜日に招待講演を終えた後、また2人で会う予定です。

 

この6月15日は同門が集まり師匠の古希のお祝いをします。

この時また会えます。

 

年を重ねると昔の友に会うことは楽しみです。

 

今日、彼は大学院時代にお世話になった恩師を訪ねに行っています。

風が強い日ですね、春一番でしょうか?

丘の上にあるアイ矯正は風が直接あたります。

 

 

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ