ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

仕事納め

年内の診療は今日で終わりです。

今日は少し静かな診療所でスタートです。

昨日は忙しかったです。

 

アイ矯正は今年も多くの患者さんに支えられ年が越せます。

感謝しています。

 

来年度は新しく歯科衛生士さんが加わってくれます。

これで充実のスタッフ形成が完了します。

 

私は個人的には前のブログにも書きましたとおり

福井塾14名の鶴見大学歯学部最終卒業試験が1月8日、9日にあります。

これをパスすれば2月の初めにいよいよ歯科医師国家試験になります。

 

歯学部はどこでも同じですが

卒業論文のようなものはありません。

卒業試験にパスしなければいけません。

今年度は3回あります。

その平均点が卒業資格を満たすか

あるいは3回目で前の2回の成績を超えて規定の点数に達するか

で判定されます。

 

福井塾の14名は昨年教えた13名の学生の紹介が13名

1回目の卒業試験終了時から加わった学生が1名の14名です。

私のお世話になった教授から勉強の仕方を教えてあげてくれないか?

という依頼を受けて昨晩もアイ矯正終了してから10時まで2時間教えました。

準備期間がたらず結果は厳しいかもしれません。

 

できる生徒もそうでない者も正月はありません。

国家試験合格のその瞬間までは落ち着かない日々が続きます。

私は合格にこだわっています。

なので私も落ち着かない日々です。

生徒さんの顔もかなり厳しくなってきます。

この厳しい顔がいいんです。

一生の中で勝負かけなければいけません。

国家試験に合格して歯科医にならなければいったいなんのために歯学部で勉強したか

わかりません。

 

アイ矯正で治療する喜び

患者さんとの日々のやり取りなど

楽しい事があります。

反面、困難な難しい症例にも直面します。

偶然ですが今日最後の患者さんは

今年私が治療した最高傑作の方です。

すごく良く治っているんです。信じられないほどです。

ご本人もそう言ってくれています。

彼女で治療を締めくくれるのはうれしい事です。

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ