ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

歯学部卒業試験

昨日の4時に歯学部の卒業試験合格発表がありました。

鶴見大学では合計3回の試験の平均点で評価します。

歯学部には卒業論文はありません。

 

最終的には国会試験に合格することがこの時期は目標になります。

就活もありません。どこの大学に研修医として所属するかということを

判断するための面接はあります。

 

今年度私は13名+1名の6年生に歯科矯正学を教えてきました。

私は教育は好きだしむいていると自分では思っています。

大学は退職しましたが非常勤講師となっているので

出入りは自由ですし26年間もいましたから職員の方は皆よく知っています。

 

仕事の休みの日、アイ矯正が終わった後に講義をしてきました。

39回生2013年福井塾.jpg

以前にも掲載したこの写真はAチーム10名です。

真ん中で偉そうに腕組みしているのが私です。

今回は理解度によってAチーム10名、Bチーム3名そして昨年末から加わった1名に分けて

勉強を教えてきました。なんと週3回

正直言ってきつかったです。

 

このAチームはまったく問題なく全員合格しました。

しかし、Bチーム3名のうち1名が不合格

さらに最後に加わった1名も同様に不合格でした。

 

正直、がっかりしています。

卒業試験の段階で2名の不合格者を出してしまいました。

1名は期間が足らなかったので仕方ないというのもありますが

昨年6月から教えてきた1名については

私も残念でなりません。

 

もちろん100%合格を目指してきましたし

当然そうなると期待していました。

私は合格率にこだわっています。

 

あー残念、無念です。

 

卒業が許可された学生もこの2月には歯科医師国家試験があります。

それに合格しなければ予備校ということになります。

おそらく新しく卒業した学生は約80%が合格するだろうと見込みです。

 

これ以上は不合格を出さないように努力します。

最後は神頼みです。

最後までしっかり送り出します。

 

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ