ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

五十肩

少し遠い所にある物を取ろうとしたり

上着を着るときなどに右肩に激痛が走ります。

普段治療には問題はないのですが

中々治りません。

3週間前から定休日の月曜日に整形外科にかよっています。

レントゲンを撮影していただいた結果

五十肩だと診断されました。

 

実は私は冬になると寒さも手伝って

睡眠時に腕を組んだ状態で寝てしまいます。

そしていつも右側を下にしてしまうのです。

いわゆる原因は睡眠態癖です。

無意識のうちにかなり強い力で腕を組んでいます。

この腕組みのせいで右ひじも痛いのです。

 

歯ぎしりやクレンチング(噛みしめ)などと同じかもしれません

非常に強い力です。

これによって顎関節症や歯の咬耗などを起こします。

今の所は対処療法しかなく

歯ぎしりや噛みしめをなくすことはできません。

 

私の腕組睡眠もそれと同じかもしれません。

整形外科では肩にヒアルロン酸を注射してもらっています

しかし、あまり快方にはむかっていません。

先生はまずは5回打ってみましょう。とおしゃっています。

寝るときになるべく腕を組まないように

肘にサポータをしています。

これをすると少し楽です。

 

こういった治らない物の原因に必ずストレスがあります。

ストレスのない仕事なんてないと思っています。

程度や感じ方

解消の仕方が私の場合は腕組睡眠なのかもしれません。

夏になると暑いので自然に腕をくまなくなり

自然に治ります。

 

しばらくは五十肩とつき合います。

年を重ねるたびにこうした治癒しない疾患が増えてくるんでしょうか。

 

 

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ