ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

日本矯正歯科学会大会

先週、幕張メッセで行われた日本矯正歯科学会大会に参加してきました。

今回は大学院生と行った基礎研究を展示発表してきました。

2014年日本矯正幕張メッセ.JPG

後輩が私のスマホで撮影してくれました。

それにしてもさえない写真です。

私は週2回大学へ主に基礎研究を行いに行っています。

その成果を発表しに行きました。

基礎研究というのはすぐに臨床と結びつくのではありませんが

非常に重要な物だと認識しています。

 

翌日の質疑のあと

後輩2人と昼ご飯を食べに行きました。

これも学会の楽しみの一つです。

 

先日の事

初めて来られた患者さんのカウンセリングをしていました。

最近気になることがあるので記載します。

 

「歯が早く動く方法はあるか?」

と聞かれ、答えは

ありません。

矯正治療には薬がありません。

歯の健康を害さない程度の弱い力を加えて歯を移動させます。

ところが

新しく来られた患者さんが

他の医院では1年から1年6か月で治ると言われた

アイ矯正ではどうですか?

私は2年から3年はかかります。

歯を早く動かすと言う方法はありませんとお答えしました。

 

これで2人目です。

お2人ともに歯を抜いて治療をする必要があります。

私の経験では歯を抜いて治療する場合

2年以内というのは無理です。

アイ矯正の他の先生方も同意見でした。

 

これはもしかすると患者さん獲得のため

治療期間を短めに言っているのではないか?

矯正治療における歯の移動について説明させていただきました。

まさに基礎研究です。

歯を抜かなければ2年以内に終わることはあります。

しかし、2人の方はそういった症例ではありませんでした。

 

患者さん獲得のための方便ならやめてもらいたいものです。

一度装置をつけてしまい

料金をお支払した後で医院を替えることは難しいです。

不可能ではありませんが

経済的な負担が必要になります。

 

どうもすっきりしない気分でした。

患者さんにはご自身で納得されて治療を受けてください。

後悔のないようにアドバイスさせていただきました。

アイ矯正歯科ではその治療は2年以内というのはできない事も告げました。

 

通常、私は治療期間を短く言う事はしません。

それは患者さんをだますことにつながる

詐欺行為に似た感じを受けるからです。

 

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ