ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

矯正治療は何歳から始めるのがよいですか?

矯正治療は何歳から始めるのがよいですか?と言った質問を受けることがよくあります。私が考えるベストな年齢について説明します。それは7歳です。少し早いと思われるかもしれません。

矯正治療を始めるの時期はなぜ7歳?

7歳がどんな時期か?と言うことが重要になります。

この時期はこのような事が起きています。

・ 前歯が生える

・ 一番奥に第一大臼歯が生える

完全に生えてきているわけではありませんが前歯は見ることができます。さらに一番奥に6歳臼歯と言われる第一大臼歯がはえてきています。

まだその間の乳臼歯は残っていて小臼歯はまだ生えていません。そんな時期です。

 

歯の生えかわりには個人差がある 

歯のはえかわりには平均に対して2年ほど前後することがあります。

はえかわり少し遅いからと言ってすぐに心配しないでください。

ただし歯がはえてくる力はとても弱いので何らかの障害で歯がはえてこない事があります。

また先天的に歯が少ない方もいれば、多い人もいます。

 

歯の土台が重要

成長発育の時期には、

・ 上顎骨(上の顎)

・ 下顎骨(下の顎)

二つの顎の成長時期が重要です。

矯正治療は歯並びだけだと思われている方も多くいますが、実際にはそうではありません。

歯がのっている土台の部分は重要です。

これが顎の骨と言うことになります。

すでに育ってしまった物を小さくする事はできません。

 

そこで成長過程で徐々に生長量をコントロールする事をしていきます。

その年齢は上顎骨では10歳、下顎骨では13から15歳ごろにピークが来ます。

上下の顎骨の成長時期には違いがあります。

 

安全に器具や装置が使えるか?

7歳という年齢は小学校2年生になります。

この年齢ですと学校生活が始まっています。

私どもの話す装置の安全な使い方も子供が理解してくれる年齢となります。

親御様も装置を使用する意味、効果を確認する事は重要ですが、やはりお子様自身が理解することは重要です。

 

全体で考えると7歳がベストと言うことになります。

治療は緩やかなものです。

年齢に合わせた装置を使用してもっともよい状態にしていきます。

もちろんそれ以後矯正治療が不可能か?と言えばそんな事はありません。

その年齢に合わせた治療とベストなゴールと言う事になります。

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ