ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

正中離開(せいちゅうりかい)

正中離開は上顎中切歯(一番まんなかにある前歯)の間が開いている歯並びの事です。

2340s-A-o8.jpg

この不正咬合は黒人の方に多く見られると言われています。

根本的には顎が大きくて歯の大きさとバランスが悪いと起きます。

 

この原因は5つに分けることができます。

 

1)上唇小帯の高位付着

これは上の唇と歯茎を結んでいる紐状の組織が前歯の間に入り込んでいるような状態。

この小帯が邪魔して歯が近寄れずに隙間が空いてしまいます。

この小帯を切除する必要があります。

 

2)隣にある側切歯の先天欠如、あるいは矮小歯(わいしょうし:小さい歯)

隣の側切歯は先天欠如(生まれながらに歯がない)、あるいは矮小歯(歯冠が小さい)

と並ぶ場所が余ってしまい歯と歯の間に隙間が空いてしまいます。

側切歯がない、あるいは形態が小さいと言うのはよく見られます。

 

3)正中埋伏過剰歯

中切歯間の骨の中に歯のような構造物が存在しているために

左右の中切歯が近づけずに離開した状態になる。

中切歯の間の骨の中には過剰歯(余分の歯)が存在している事がある。この部位にはよく見られる。そこでこの歯が邪魔をして中切歯が近づく事ができない。この過剰歯の位置を確認して必要なら抜歯する。

 

4)拇指吸引癖

指しゃぶりのために上の前歯が出っ歯になってしまう。これが過剰に進行すると上顎前歯が前に傾斜して歯と歯の間が開いてしまう。

 

5)アグリダッキングステージ(日本語に直すと醜いアヒルの子の時期という事になります)

アグリダッキングステージは異常ではありません。上顎の前歯が生えているが犬歯がまだ生えていない時は前歯の間に空隙ができる事があります。犬歯が生えてくると自然閉鎖します。正常な生理的な状態で治療の必要はありません。

 

これ以外にもあるかもしれませんが大きくわけて5つ原因が認められています。

このうち治療の必要性があるのは1)?4)です。1)と3)は中切歯の間に何か別の物があって

それが邪魔をして開いている。4)は時期がくれば自然にやめる事もありますが長期化したら

上顎前突(出っ歯)になります。

 

問題になるのは2)のタイプです。2)は歯の大きさが小さいために歯が生える場所との間のバランスが悪いために起きます。といっても骨を削ったり、歯茎を小さくする事はできません。

 

よくこんな質問を頂く事があります。"部分矯正で治りますか?"

結論から言うと治りません。正中離開はいわゆるすきっ歯の仲間です。

単純に隙間を閉じてしまえば再発します。

根本的な解決が難しいのでしっかり保定しないと後戻りします。

でこぼこや乱杭の逆です。歯を抜いて治療するのとは違って根本的な解決はできません。

 

どうやって治療するのでしょうか?

前歯の離開している部分を閉じたらその隙間は後ろに移動します。

少しずつ奥歯(臼歯)まで持って行き歯冠を大きくかぶせることによって空隙をなくす場合もあります。

また最後まで矯正で解決するには臼歯を少しずつ前方へ移動しなければいけません。

 

意外に思われるかも知れませんが難しい種類の不正咬合になります。

保定が重要になります。後戻り多い不正咬合です。

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ