ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

抜く歯の選定

前回まで、歯を抜かなくてはならない理由について記載してきました。

今回はもし抜く事になったらどこの歯を抜くか?という事を記載します。

 

・ どの歯を抜くか?

歯を抜かなければ改善がみこめられない事が決まったら

次にどの歯を抜くのべきか?という次の段階に移ります。

 

これには大きく分けて2つの事があります。

1) 価値のない歯を抜く

2) もっとも矯正治療に効果的な歯を抜く

 

1) 価値のない歯を抜くというのが最優先になります。

価値のない歯はありませんが、他の歯と比べてと言う事になります。

すでにう蝕などで治療された歯があります。外傷を受けた経験のある歯があります。

こういった歯を選択する事になります。

これらの歯は将来、それが原因で失う事があるからです。

なるべく健康な歯を残して傷ついた歯を抜く事を選択します。

これが抜く歯を選ぶ最優先事項となります。

 

一般的に虫歯の治療をした歯は健全歯よりも価値がなくなります。

歯科治療はしないにこした事はありません。

削って詰めた場所も永久にその状態を保つ事はできません。

残念ですが元どおりになるという事はないのです。

なるべく傷ついた歯を選んでその場所を使って治療します。

それがたとえ前歯でもおこないます。

 

2) 1)で挙げたような事がなく、すべての歯が健康あるいそれに準ずるような状態

こういった場合は小臼歯を選択する事になります。

小臼歯を抜いてそのスペースを利用して歯を排列させます。

小臼歯は第一小臼歯、第二小臼歯と形も機能的にも似た歯が並んでいます。

犬歯より前方の歯を排列する場合は第一小臼歯が選択されます。

それほどでもないがやはり抜かなくてはならない。

あるいは臼歯を前に移動させたい場合は第二小臼歯を選択します。

 

この抜く歯の選択は後の仕上がりや治療期間を大きく左右する重要な事です。

 

成人の方の矯正治療は今までの治療した痕や外傷などの既往があります。

1)と2)、さらにレントゲンをよく観察して

歯根などに異常がないかを吟味して総合的に判断する事になります。

 

患者様も歯は抜きたくない。実は私もそうです。

そこは意見が一致しています。

 

そして裏側の装置、あるいは表側からの装置によっても

抜く歯は異なります。

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ