ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

部分矯正の危うさ

・部分矯正の危うさ

よく部分矯正ではというご質問を受けます。

あえてこの事に触れます。

 

・部分矯正の利点とは

料金が安い。短期間で終わる。

上記2つに集約されています。確かに矯正治療費は高額ですね。

 

では部分矯正とはなんでしょうか?

 

私ももちろん部分矯正を行った経験はあります。

しかし、全体の患者様の数の1%にも満たない率です。

 

部分矯正はある特定の部分だけ動かす事ではありません。

特定の部分だけに装置を付けて歯を配列する事です。

従って部分矯正は限局矯正と呼ぶべきだという矯正歯科医もいます。

私も限局矯正の方が正しいと思います。

 

特定の部分にだけ装置を付けて治る症例とはどんな症例でしょうか?

それは前歯部に限局されたごくわずかな叢生(でこぼこ)

ブリッジやインプラントを入れるために歯を動かす必要がある場合

しかも噛み合わせに関係のない状態です。

 

適応症はごく限られた症状になります。

・上顎前突(出っ歯)

・八重歯

・反対咬合(下顎前突、受け口)

上記の不正咬合はこの範疇には入りません。

これらの不正咬合は全体に装置を装着しない限り治療ができないからです。

これは本格的な矯正治療が必要になります。

 

歯は綺麗に並んでいる事は重要です。

矯正治療に来られる患者様の多くはこの美しさを求めていらしゃいます。

しかし、噛んでいないのは大きな問題です。

「上だけ装置をつけたら?」 片方だけ装置を付けて

上の歯だけ動かしたら下の歯と噛みますか?

下の歯は動いていないから噛むことはないでしょう。

新しい悩みを提供した事になります。

しかも部分矯正という契約ではこれ以上の治療はできません。

 

私どもアイ矯正ではよく吟味させて頂いて

最終的にその患者様にとって不利益になる事はお勧めできません。

 

私の恩師は言っていました。

「厳密には部分矯正はない」

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ