ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

大きな問題

今月の日本矯正歯科学会のinformation letterと神奈川県歯科医師会の医事処理検討部会だより

の両方で同じような内容が記載されていましたので報告します。

 

それは残念なことなんですが、矯正歯科治療に関するクレームが多く寄せられているというものです。

 

私も最近になって新しく来られた患者様のカウンセリングをしていて気ずくことがあります。

とても安易なお考えをお持ちの患者様が多いです。

 

" 取り外しのできる装置で治療ができる? "

これは成人の方では簡単な症例だけです。普通は不可能です。

ただ患者様がご自身の歯並びを簡単なのか?難しいのか?を見分けるのが難しいです。

さらにブラケットを使用した治療に勝るような結果を得る事はできません。

なのにあたかも出来るような説明を受けています。

また料金が安い、そして部分矯正で治る。

など疑わしいカウンセリングを受けています。

 

部分的に歯を動かして反体側の歯と噛み合うでしょうか?

これもあり得ない事です。

 

アメリカなどすでに矯正治療が定着している国と違って

日本には残念ながら歴史がありません。

また歯科医に治ると言われればそれを信じてしまう事は無理のない事です。

来られる患者様の親御様の年齢で矯正治療を受けた経験のある方はほとんどいません。

家族で相談に乗ってもらえる人がいない。経験者がいない。これが一つの原因ではないか?

と思います。

 

その間隙を利用して安さと簡単さをアピールして患者様を誘導しているようです。

以前、ソウルで開業している先生が言ってました。

"日本はまだ安かろう悪かろう" という考えがあるから大丈夫じゃない?

"ただほど怖い物はない" という言葉もあります。

しかし、今これがあまり通じていない気もします。

 

さらに追い打ちをかけるのは歯科業界の不況です。

一般の先生方が矯正歯科に手を出し始めています。

もちろん法律上は行ってもかまいませんが矯正治療は大学卒業後の教育が必要です。

矯正歯科医は通常大学の医局で修練を積んだあと社会に出ます。

認定医や専門医、さらには指導医、学位といった資格を有している先生が多いのはそのためです。

必ずではありませんが矯正歯科専門医院を開業しています。

これは卒業後に矯正歯科医を志す歯科医は一般的な治療をほとんどしないためです。

矯正はできても虫歯の治療はできなくなります。

 

私もう蝕や抜歯などは行っていません。というかそれはできたとしても一流ではありません。

患者様の迷惑になります。これと同じです。

 

" 早く歯が動きます "

" 痛みがありません "

" 簡単です "

上記事はうそです。

さらに " あなたの歯並びでは裏側矯正はできない "

" 裏側矯正は時間がかかる "

これも間違いです。

 

矯正治療には薬はありません。歯に加える矯正力も決まっています。

歯が早く動くと言う事はありません。

裏側だからと言って時間がかかる、特別に痛いと言う事はありません。

それは表側の治療に誘導させるためのうそです。

 

痛みも人によって感じ方が違います。

 

簡単ではありません。だから専門の歯科医が存在しています。

 

不安に思ったらセカンドオピニオンを聞いてから治療を決めてください。

矯正治療の失敗は結局はお金も時間も失います。

 

 

 

 

最新治療例ブログ

2016年8月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

アーカイブ