ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

患者様が治したい事 主訴(しゅそ)

私どもアイ矯正歯科に初めて来られた方に最初にお聞きすること

それは "主訴" です。

主訴(しゅそ)はその患者様が治したい事、気にしている事、どうしてアイ矯正歯科に来たか?

などが含まれています。

 

初診のカウンセリングは私か副院長が担当します。

約30分はかけて治療例などを見て頂いて説明させて頂きます。

 

実は主訴の多くはその方の横顔になります。

横顔が突出しているというのがほとんどです。

噛み合わせがと言うことは少ないです。

患者様は生まれてからずっとその噛み合わせであったために

他の噛み合わせと比較することはできないからです。

 

"口もとを下げたい" という場合は歯を抜いて治療する事になります。

歯を抜かずに前歯が内側に入る事やお顔のラインがすっきりする事はありません。

これはとても重要な事です。

 

最近になって歯を抜かないで治療したために

口もとが下がらなかったと言う事でアイ矯正に来られて

二度目の矯正治療をされる方がいます。

私は正直残念だなっと思います。矯正治療は一生に一度の治療です。

さらに治療費も期間も二倍かかります。

 

さらに悪質な歯科医の簡単に治るような説明の被害に会われている方もいます。

これはよくないですが、歯科医も良い人ばかりではないと言う事を感じています。

 

主訴は必ず治療しなければいけません。それが患者様の満足につながります。

しかし、それだけでは行けません。"主訴は変化する" と言う言葉があります。

最初に来られた時に治したい事が治療が進んでいく間に変化してきます。

大きな希望はかなえられたけれど

次に新しい治療したい所がでてきます。

これを見逃してはいけません。

 

すべての人が綺麗で機能的な歯並びを得られる事を祈っています。

最新治療例ブログ

2016年11月

 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 

アーカイブ