ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

セカンドオピニオンの増加

最近になってセカンドオピニオンが少しずつですが増えてきました。

 

内容は大人の方の床矯正、マウスピース治療(かぶせるだけで治る物すべて)、部分矯正です。

さらにはリンガルブラケットやインプラント矯正などです。床矯正は乳歯のあるお子様に使用する単純な矯正器具です。これで成人の方の歯の排列には無理があります。

 

先日来られた相談者のお口の中には上顎は裏側からリンガルブラケットそして驚くことに前歯部には表側のブラケット、そしてアンカーインプラントが2本埋入されていました。下顎は表側からブラケットです。

驚きました。考えられるすべての装置がお口の中に入っています。

そしてさらに驚くには治療はうまくいっていません。これは専門歯科医院での治療です。

裏側からの治療経験がないためだと推察できます。苦し紛れにすべての装置を装着してみた。

結果、どうしようもなくなった。と言う事でしょう。患者様はお気の毒です。

高額な治療費用をご負担されている事はすぐに気がつきます。

 

今年になって歯科医師会や日本矯正歯科学会から矯正治療に関するクレームが消費者庁に多く寄せられています。と言った広報が来ていました。その波がアイ矯正にもおしよせて来たのです。

 

私の所に来た方たちの傾向はこうです。すなわち矯正治療をしたことのない先生が治療をしているという事です。マウスピース、床装置による矯正治療は歯形を取って企業に送れば毎月送られてきます。それを患者様の口の中に装着すれば終わりです。多少の違いはありますがこういった仕組みです。歯科医院での調整もわずかな時間ですみます。歯科医師の技量は必要ありません。マウスピース系の器具に至っては調節できません。問題は制作した方が患者様に実際に会った事がない事です。これは大きな問題です。

 

部分矯正については患者様はある部分だけ治したい。だから部分矯正だと思っています。例えば前歯だけと言った感じです。しかし、歯科医はある部分だけ装置をつけるのだから部分矯正だと思っています。料金は部分だけにしか装置を装着しないのですから低料金です。しかし、口もとが下がる事はありません。すきっ歯が治ることもありません。少しだけの限局したでこぼこは治ります。奥歯に装置がついていないので前歯を後方に移動させることはできません。その程度の治療では患者様は満足できない事でしょう。しかし、これには最初の歯科医の説明不足と安いからと言った患者様にも少し原因があります。昔から言われているように注意するべきだと思います。

 

矯正治療は歯科大学を卒業すればどなたでもできるわけではありません。学会に参加していればできるわけでもありません。やはり10年以上の経験は最低でも必要になります。矯正歯科医院を選ぶのは難しいです。例外はありますが、専門で長く開業している先生ならまずは間違いないでしょう。そして実際に行かれて見てきちっとした説明を聞いてみてください。矯正治療は一生に一度の治療です。とても重要な治療です。

 

歯科医院選びは慎重にお願いします。

 

最新治療例ブログ

2017年1月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

アーカイブ