ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

国家試験を終えて学生が診療所に訪ねてきました。

国家試験を終えて、結果は全体では厳しい物でした。

しかし、私が教えていた学生の12名が新しく歯科医として誕生しました。

3月17日発表以来、合格のメイルや電話が鳴り。一日でそのすべてが把握できました。

その後一昨日に一人、卒業に少し遠回りした学生が突然診療が終了間近に現れました。

"国家試験に合格したい事を直接告げたい" とい事でした。

ちょうど土曜日に手伝いに来てくれている後輩の先生と一緒に喜びを分かち合いました。

よかったです。実は彼は2年間診療の休みの日を利用して教えました。

何とか今年合格にこぎつけました。目頭が潤んでいました。

お父様は号泣していたそうです。

今は歯科医師になるのは大変な時代です。

 

もう一人は今年は卒業したものの歯科医にはなれなかった学生です。

関西の実家に帰るという挨拶に昨日きてくれました。

頂いた手紙を供覧します。

穴田君からのお礼状.jpg

彼らしい細かな字で感謝の気持ちを表してくれました。

一年と短い期間でしたが、矯正はよくできる科目になりました。

来年はきっと歯科医になって挨拶に来ると約束して帰りました。

春はこんな季節ですね。

少し寒いのも色々な事を考え始めるにはよいかもしれません。

 

最新治療例ブログ

2017年6月

 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

アーカイブ