ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

Reviewer Certificate

Orthodontics & Craniofacial Research.jpg

Orthodontics & Craniofacial Researchという国際的な矯正歯科ジャーナルがあります。

多く論文をpublishしていると目にとまることがあり

逆に新しく投稿されてきた論文の審査を頼まれる事があります。

このジャーナルはオランダの矯正歯科に関する国際誌です。

なぜか?アメリカ矯正歯科学会機関誌 American Journal of Orthodonticsに次ぐ

インパクトファクターを持ちます。

このジャーナルの査読を2016年に担当した事に関するお礼状です。

最近は海外誌の査読の依頼が多くなっています。

昨年、アメリカ矯正歯科学会誌の査読を4回もしました。

査読者に選ばれる事は名誉なことですが

多くの場合は28日以内に査読の結果を記載してインターネットで送り返せと言う物です。


責任重大です。私がだめだと記載すればその論文は掲載されることはありません。

論文の著者はきっとワクワクしてよい結果を待っているはずです。

しっかり読んで返事を書きます。

これは公明正大です。

私も次の論文の準備をしなければなりません。

論文を発信し続けることは義務だと感じています。

勉強にもなりますし、日々の臨床にも役立ちます。

最新治療例ブログ

2017年7月

 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 

アーカイブ