ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

日本矯正歯科学会 Information Letter

日本矯正歯科学会会員宛に送られてくるInformation letterをご紹介します。

今月の記事の中にお知らせしたい内容があります。

これは最も最初に記載されていた記事です。

information letter(日本矯正歯科学会)日大清水教授.jpg

理事長が記載された文章を抜粋させて頂きました。

実はここ数年、マウスピース矯正とかインビ○○インとか?かぶせるだけの装置

自分で装着するだけの装置に関して注意が喚起されてきましたが、

ここまではっきりと日本矯正歯科学会理事長が明言するほど事態は深刻だと

言う事なのでしょう。


注目される記載内容は

"私見ではその治療結果はマルチブラケット装置に比べ不満足なものに感じた"

これは矯正を勉強した者であれば誰しも感じていた事ですが

権威ある方が勇気をもって明言してくれた事に感謝しています。

アイ矯正においてもよくあるご質問の中に

 "リンガルブラケットとマウスピース矯正のどちらで治療するか?悩んでいます。"

という患者様がいます。私どもはブラケットを使用した治療がかぶせるだけのアライナー矯正と

同じ効果があるなんてとても考えていません。

そうお応えしてきました。現に私どもアイ矯正ではアライナーを使用した治療は行っていません。

リンガルブラケットがある以上はその治療法は必要ないからです。

ついにここまで明言するに至ったのはかなりの問題を起こしている事が想像できます。

 

これから矯正治療をお考えの患者様はよくお考えになってください。

最新治療例ブログ

2017年7月

 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 

アーカイブ