ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

アデノイド顔貌

アデノイド顔貌についてのお問い合わせがあったので記載させていただきます。

アデノイドは咽頭扁桃とも言われます。

この組織はリンパ節です。リンパは若年者の頃には成人の2倍近い大きさになります。

成人になるにつれて小さくなり、正常な大きさになります。

矯正治療前の精密検査で撮影したレントゲン写真上でもその肥厚が確認できます。

アデノイド解剖学.jpg

緑色にマーカーした部分が正常なアデノイドです。

この部分が慢性的に肥厚すると鼻気道を塞いでしまいます。

アデノイド顔貌 with arrow.jpg

緑色で呼気の流れを示してみました。

左の少年は典型的なアデノイド顔貌です。

アデノイドが慢性的に肥厚したために鼻気道が狭くなります。

従っていつも口を開けて口で呼吸しなければなりません。

唇の筋肉は弱くなり、舌は低位に位置して口呼吸がしやすいような位置になります。

そして上下の前歯は前方に傾斜して開咬と言われる不正咬合になります。

*開咬とは、連続した数歯にわたってかみ合っていない状態を言います。

さらにお顔が長くなります。

これが典型的なアデノイド顔貌です。

しかし、現在はほとんど見かけなくなりました。

それは耳鼻科での診療の結果、鼻閉塞が改善したためです。

耳鼻科との共同治療によって治療する必要があります。


 

 

 

 

最新治療例ブログ

2018年9月

 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 

アーカイブ