ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

舌側矯正治療のことの最近のブログ記事

小児矯正

最近になってお子様の患者様をお連れになったご父兄の方から "小児矯正はしていますか?"と聞かれる事があります。 実はこの言葉は最近作られた単語です。 歯科矯正学辞典(亀田晃 著)にはこの言葉は載っていません。 小児義歯という言葉は探すことができますが小児矯正はありません。 辞書にもない単語が世の中にあふれる時はどうもおかしな感じを受けます。もちろんアイ矯正では使用しません。 なぜかというと小児矯正...
続きを読む

日本矯正歯科学会 Information Letter

日本矯正歯科学会会員宛に送られてくるInformation letterをご紹介します。 今月の記事の中にお知らせしたい内容があります。 これは最も最初に記載されていた記事です。 理事長が記載された文章を抜粋させて頂きました。 実はここ数年、マウスピース矯正とかインビ○○インとか?かぶせるだけの装置 自分で装着するだけの装置に関して注意が喚起されてきましたが、 ここまではっきりと日本矯正歯科学会理...
続きを読む

私とリンガルブラケットの出会い

私は1986年に歯科医師になりました。 その後、大学の矯正科に入局しました。当時は研修医制度がなく すぐに矯正科への入局が可能でした。   私は?田先生のグループに配属になったのですが これがリンガルブラケットとの出会いになります。 2015年7月の世界舌側矯正歯科学会(ソウル大会)には二人で参加し 私がkey note speakerとして講演する機会を得ました。 その時、会場にいた人...
続きを読む

" Great job" 師からのFax

私の論文のコピーを師匠である藤田欣也先生に送りました。 前回もそうですが私は必ず師に送ります。   藤田欣也先生??と思われる方もいるかも知れませんね。 実は藤田先生が世界で最初にリンガルブラケット、裏側矯正を作った人物です。   少しここで歴史を紐解きます。 1971年当時の東京医科歯科大学の三浦不二夫教授が 始めて歯にブラケットを接着した論文をアメリカ矯正歯科学会誌に掲載...
続きを読む

Reviewer Certificate

Orthodontics & Craniofacial Researchという国際的な矯正歯科ジャーナルがあります。 多く論文をpublishしていると目にとまることがあり 逆に新しく投稿されてきた論文の審査を頼まれる事があります。 このジャーナルはオランダの矯正歯科に関する国際誌です。 なぜか?アメリカ矯正歯科学会機関誌 American Journal of Orthodontics...
続きを読む
今年の1月に投稿した論文タイトル " Invisible treatment of a severe Class II deep overbite with narrow mandibular dental arch with multilingual bracket appliances " Journal of World Federation Orthodontisrs(ELESE...
続きを読む

第110回歯科医師国家試験

今週末に第110回歯科医師国家試験が行われます。 現在は歯科医師になるのが大変な時代になってしまいました。 急速に冷え込む経済と歯科医師過剰が生んだ産物です。 学生には罪はありません。   私はもう20年以上矯正歯科学を6年生の有志を集めてボランテイアで勉強会を開いています。 診療所が大学から近い事もあり、水曜と木曜の診療が終わってから講義を行っていました。 週2度の講義です。矯正歯科の...
続きを読む

論文査読

昨年から矯正の学術的な国際誌から査読が来るようになりました。 これで4編目です。矯正歯科の分野では最高峰のジャーナルです。   今年は校閲ガールがドラマになっていましたが、校閲とは違います。 ドラマの中で色々な事を調べる点では同じです。 "これは校閲の仕事ではない。編集の仕事だ!" と言われていたシーンがあったかと思います。   査読は論文を採用するかどうかの審査をします。 よ...
続きを読む

セカンドオピニオンの増加

最近になってセカンドオピニオンが少しずつですが増えてきました。   内容は大人の方の床矯正、マウスピース治療(かぶせるだけで治る物すべて)、部分矯正です。 さらにはリンガルブラケットやインプラント矯正などです。床矯正は乳歯のあるお子様に使用する単純な矯正器具です。これで成人の方の歯の排列には無理があります。   先日来られた相談者のお口の中には上顎は裏側からリンガルブラケットそ...
続きを読む

患者様が治したい事 主訴(しゅそ)

私どもアイ矯正歯科に初めて来られた方に最初にお聞きすること それは "主訴" です。 主訴(しゅそ)はその患者様が治したい事、気にしている事、どうしてアイ矯正歯科に来たか? などが含まれています。   初診のカウンセリングは私か副院長が担当します。 約30分はかけて治療例などを見て頂いて説明させて頂きます。   実は主訴の多くはその方の横顔になります。 横顔が突出しているという...
続きを読む
最新治療例ブログ

2017年7月

 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 

アーカイブ