患者様の声
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

月別アーカイブ

2013年7月 6日Message file 69 反対咬合を短期間で治療しました。診断が重要でした。

tayori65.jpg

"福井先生へ

30歳を過ぎてからの治療開始だったので時間は

かかるだろうと予想していました。それがまさか

こんな短期間で装置が外せるとは!これも先生の

熱心な治療のおかげです。本当にありがとう

ごさいました。前歯でものが噛み切れるって良いです

ね!そして何よりも自信を持って歯を見せて笑えますし!

これから暑くなりますがお身体に気を付けて、お仕事に

励んでください。一人でも多くの患者さんに自信を与え

られますように・・・本当にありがとうございました。

                           松岡理恵"

松岡さんの治療は私が担当させていただきました。

最初は外科矯正が必要か?と思うほどでした。

院長、私、医局長の菅先生、上中先生を交えて

症状の把握、現状、原因について考え ました。

 

そしてある事に気づいたのです。

最後方臼歯が下顎の運動を制御しているという事です。

このロックを外せば下顎が後ろに下がる?

少しでも下がれば矯正だけで治療が可能だ!

 

興奮しました。

そして治療治療計画を立てました。

 

治療開始です。

上下リンガルブラケットでの治療です。

 

診断通りでした。大臼歯のロックを外してあげたら顎が本来の位置に戻りました。

治療を始めて約1年6か月。劇的に治りました。

昨日装置を外しました。

また歯科医4人で今後のことを話し合いました。

保定装置(リテイナー)の種類などです。

大変うれしい文章をありがとうございます。

最近は体には気を付けています。実はゴールデンウイークから体重は15kg痩せました。

それでもまだ肥満です。ほとんどの患者さんは気が付きません。

引き続きこの事も努力します。

たくさんの笑顔を作れるようにがんばります。

こちらこそありがとうございます。