最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

上下顎前突をごぞんじでしょうか?

2014s-A-Shoumenn.jpg

正面から見てもでこぼこもなくそろっています。

2014s-A-right.jpg

どうですか?

まったく正常に見えますか?少しかみ合わせが浅い感じです。

この方は実は一度矯正治療の経験があります。

2014s-A-o2ue.jpg

こうして上顎の歯列を見ればなんとなくわかってきます。

あれ?少し長くないか?っと思いませんか。実際に長いです。

2014s-A-o3sita.jpg

下顎も長いですよね。

下顎には前歯の裏側にワイヤーが接着されています。

これは歯が動かないようにとめてあります。

これはよく用いられる保定装置です。

 

これが上下顎前突です。

以前に歯を抜かずに治療した経験があります。

最初の状態は私どもにはわからないのですが、

上下の前歯を前方に出して拡大してデコボコを並べたのでしょう。

そのために口元が前方に飛び出てしまいました。

 

普段は口を閉じるのが大変です。

いつも歯が出ていて横顔や顎のラインを気にされています。

 

お顔の写真はお見せすることはできません。

そのため症状が少しわかりにくいかもしれません。

 

歯列弓を見るととても長い感じを受けるはずです。

口元の突出というのを治したいと言われて来院されました。

 

今回は歯を抜かせていただきました。

2014s-120225-syoumenn.jpg

ひきしまった感じを受けます。

デジカメを交換したのこの写真の方がきれいに見えますが

もちろん同じ患者さんです。

2014s-120225-migi.jpg

前歯も中に入りました。

2014s-120225-ue.jpg

同じぐらいの倍率にしてみました。上顎の歯列もこんなに小さくなりました。

2014s-120225-sita.jpg

下顎も小さくなりました。

口元が下がり唇は閉じやすくなりました。

お見せできませんが顎や横顔がとてもきれいなラインになりました。

 

この不正咬合を上下顎前突といいます。

ご存じない方が多くいます。

口元が出ているが、歯並びはきれいなんです。

でも口元をひっこめたいと言う方。

これも不正咬合です。

 

鼻と唇を閉じると同じぐらいの高さにあるという方

こういった症状は上下顎前突なんです。

 

今回、掲載をお願いした理由は

最近、歯を抜かないで治療したあとにこの症状になったというご相談を多く受けます。

再び今度は歯を抜いて治療されるという方も増えてきています。

そうなると治療に関する負担が増えます。

 

治療後の状態を考えて歯を抜くべきか、抜かないで治療すべきかを決めてください。

 

抜くのはどなたも嫌なものです。

でも抜いた方が利があるような歯並びの方は抜くべきです。

 

掲載にご協力してくださいまして

ありがとうございました。大変感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絞り込み検索: の症例を見る