最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

38歳で来られた患者さんです。

反対咬合の治療で来られました。

外科手術による下の顎の後退も考えられます。

症状はきびしいものです。

 

A-ohami.jpg 

上下リンガルブラケットの治療を希望されました。

年齢的にも反対咬合の症例としてとても難しい症例です。

 

mayoko.jpg

真横から撮影した写真です。反対になっていることがわかると思います。

外科矯正も考えましたがご本人は矯正だけでというご希望でした。

 

何度もドクター会議を開き診断を決めました。

歯を抜かずにできる限りの改善を目指す。

外科手術はしないという方針を決定しました。

もちろん患者さんの希望は重要です。

しかし、できないものについては患者さんにははっきりと

どんな場合でも告げさせていただいています。

 

B.jpg 治療中にデジカメを新しくしました。

かなりきれいに撮影できるようになりました。

もちろん同じ人です。歯の特徴を見ていただければわかると思います。

いかがでしょうか?

反対咬合は治りました。

完全なかみ合わせはきびしいものがありました。

 

装置をはずす直前の状態です。

もちろん治療中に表側に装置を付けたことは

臼歯部でもまったくありませんでした。

ご本人も大変満足してくださいました。

患者さんご本人の努力は立派なものがありました。

私もいい経験になりました。

限界の治療でした。

ありがとうございました。

来月から保定に入ります。

患者さんとはとても良い方で来院を私も楽しみにしていました。

毎月お会いできなくなるとさびしいですね。

成人の反対咬合には外科手術という選択もリンガルブラケットの治療にはあります。

しかし、メスを入れずに治療できればそれにこしたことはありません。

安易に手術に走るということはいかがなものかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

絞り込み検索: の症例を見る