最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

この症例報告のコーナーに初めて表側からの治療を掲載します

 

実は、アイ矯正に頂いたお問い合わせの中にこういったものがあります。

" 表側からの治療はやってないのでしょうか?"

矯正歯科医の立場からすると

上下リンガルブラケット、コンビネーション(ハーフ)リンガル、上下表側からの治療

という難易度になります。

上下リンガルブラケットをアイ矯正では"見えない矯正治療" と呼んでいます。

他の医院ではハーフリンガルをそう呼んでいるという事も聞いたことがあります。

 

なので

 

上下リンガルブラケットができれば表側からの治療は容易にできます。

 

そこで

 "表側からの治療も掲載してみたら" とのいう事になりました。

2227-A.jpg

上下叢生(デコボコ)の治療で来院されました。

 

ではこのコーナー初公開、表側からの治療です。

2227-initial.jpg前歯部には白いブラケットを装着しています。

ワイヤーが装着されているとデコボコしているのがよくわかります。

2227-B.jpg

1年6か月が経過しました。

歯は抜いていません。

装置をそろそろはずします。

2227-B-F.jpg

どうですか?

よく治っていると思います。

 

表側の治療をラビアル( labial )と呼んでいます。

確かにアイ矯正の患者さんの10%もしめていないかもしれません。

でも遠慮しないでください。

ラビアルの治療ももちろん得意です。

 

リンガル(lingual)は舌側という意味の英語です。

ラビアルは唇側という意味です。

 

アイ矯正では夕方になると毎日のように

ご近所の方や港北区の学童の患者さんが来てくれます。

 

昨日もこんなやりとりがありました。

"先生、6時から塾だからね" と受験生の患者さんが言います。

"わかってるよ。寝ないでね。"

ユニットに座ると夜遅くまで受験勉強しているせいか、すぐにうとうとし始めます。

そんな会話も楽しいものです。

 

アイ矯正には2つの顔があるかもしれません。

遠方から来る患者さんは100%リンガルブラケット(舌側矯正、見えない矯正)を求めてきます。

しかし、ご近所の方で学生さんはほとんどが表側からです。

乳歯のある若年者から治療させていただくと歯を抜かない確率がすごく高くなります。

それは乳歯と入れ替わる永久歯の大きさが小さい部分があります。

その場所を利用することと

患者さんには成長があるのでこれをコントロールし利用することによって

歯を抜かずに治療できる可能性が格段と増します。

 

アイ矯ではリンガルもラビアルも分け隔てなく治療をおこなっています

治療期間も同じです。

リンガルブラケットのできる高い技術でラビアルをおこなう。

よく治ります。 

 

私はリンガルもラビアルも同時に習い始めました。

私のお師匠さんはリンガルブラケットのパイオニアだったからです。

なので両方ともできます。実は大変めずらしい事なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絞り込み検索: の症例を見る