最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

噛みあわせが深いと装置がぶつかってしまって治療ができないと言われました。

こう言って来院される方は多くいます。

ではこの患者さんを見てください。

2075-A.jpg

上の前歯が下に垂れ下がったようになっています。

正面からは下の前歯を確認することはできません。

これだとリンガルブラケットが装着できないから治療できない事になります。

アイ矯正ではもちろん治療可能です。

2075A-2.jpg

上下の前歯部は内側に倒れていて

下顎の臼歯部もデコボコしています。

では治療開始です。治っていく過程をお見せします。

2075Serial.jpg   最初は見えなかった下の前歯がじょじょに見えてきています。

装置は一切見えません。

2075B.jpg  どうでしょうか?

装置を外す直前の状態です。

上下の歯列は形もよくなってきれいになりました。

下の前歯も見えてきて奥歯もしっかり噛んでいます。

 

裏側の装置は噛みあわせが深いと治りませんというのは間違いだという事が

わかっていただけたでしょうか

リンガルブラケットを最初から装着できたわけではありません。

色々な方法を駆使して治療しました。

矯正のあらゆる治療法を熟知しています。

 

お見せできませんが矯正治療後はとても口元が柔らかなイメージに変わりました。

これ以上ないほど難しい症例だったことは間違いありませんが

きれいに治りました。

 

歯を抜いていません。

アンカーインプラントを含む外科手術は必要がないので行いませんでした。

表側に装置を装着することもありませんでした。

この事はアイ矯正歯科が保証します。

 

 

絞り込み検索: の症例を見る