最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

1884A.jpg

前歯がねじれていてでこぼこしています。叢生です。

歯を抜いて治療する症例をアップしている事が多くなってしまっているのですが

実は歯を抜いていない症例も多くあります。

実際に歯を抜くかどうかを簡単に説明させていただくと

・歯を並べる場所があるか?

・横顔はどうか?

の2点に集約されます。

歯は無理をすれば抜かずに排列することは可能です。

顎の中にすべての歯は埋まっているのですから

その顎にすべての歯を排列することは可能です。

しかし、実際には並べられるけれど

歯列を横に広げたり、前に出したりしなければならんくなります。

骨に終わりがあるのでそれほど後ろには移動できません。

歯を抜かなかったために口もとが飛び出してしまい横顔が悪くなってしまった

という相談を受けることがあります。横顔は重要です。

 

そこで歯を抜く事になるのです。この方の場合は総合的に判断させて頂いて

抜く必要はないという診断になりました。

1884B.jpg

すべての歯がそろっています。

とてもきれいな状態です。裏側矯正の場合、矯正力が加わる作用点が内側にあります。

そのため内側回転が起きやすく歯が前傾することはありません。

口もとが出てしまう事はありません。

これが表側からのアプローチとは異なるところです。

写真の通りです。

あともう少し整えたら装置を外すことができます。

今回もアンカーインプラントは使用していません。

外科的処置をおこなっていません。

表側に装置は一切付けていません。

周りの人からはいつの間にか治ったと思われているそうです。

掲載にご協力ありがとうございました。

 

絞り込み検索: の症例を見る