最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

1946A.jpg

翼状捻転(よくじょうねんてん)はよくみかける不正咬合です。

上顎のまん中にある大きな前歯、これを中切歯(ちゅうせっし)と呼びます。

この歯が正中に向かって内側にねじれている状態を言います。

口をあけた写真では左右の歯が内がわに入るようにねじれています。

これは天使の翼みたいですよね。これを翼状捻転と言います。

これは日本人に多い不正咬合だと言われてもいます。

今日はその治療例をお見せします。

1946B.jpg

まだ治療とちゅうですが翼状捻転は治ってきています。

この患者様の場合は右上の小臼歯を1歯と悪い状態だった左側の第一大臼歯を抜きました。

左側の第一大臼歯は金属の冠がかぶっていて精密検査の結果

状態が悪くこの歯を抜いて治療するという事になりました。

いつも小臼歯を抜くというわけでなありません。

もっとも状態の悪い歯を優先します。

 

もう少し前歯をかませてあげれば終了になります。

翼状捻転は日本人に多いと言われます。

アメリカ人などは矯正治療をおこなうのが当然のお国柄なので

翼状捻転を見ることはありません。

多い、少ないと言われてもピンきませんね。

 

前歯です。これでしっかり歯を見せて笑えます。

 

今回もアンカーインプラントは使用していません。

表側に装置を付けることはありませんでした。

掲載に協力していただきました。ありがとうございました。

 

絞り込み検索: の症例を見る