最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

1951A.jpg

左側に限局された八重歯をもっている患者様です。

 こういった非対称のある患者様の場合はおそらく左右の乳歯を違った時期に抜いた可能性があります。左側の乳歯を早めに抜いてしまうと後続の左側の永久歯が早くはえてきます。根本的には並ぶ場所がなかったのですが、左側の永久歯が並んだために右側の永久歯はさらに並ぶ場所がなくなってしまい完全な八重歯になってしまったのです。

お顔をお見せすることはできないのですが、実際にはお顔のまん中に歯のまん中が合っていません。右側に歯の正中がずれてしまっています。乳歯と永久歯のはえかわりはその後のかみ合わせに大きな影響を与えます。

八重歯になっている上顎右側犬歯と側切歯が重なり三角形の不潔域を作っています。これではうまく歯磨きができません。小臼歯を4歯抜いてリンガルブラケットで治療しました。

1951B.jpg

どうでしょうか?八重歯だった歯は残念なんですが少し長く見えます。これは八重歯を放置していたため少し歯茎が上にあがってしまったのです。なるべく早く治療した方がよいのですが治療しないよりも治療したほうがいつでもましです。八重歯を放置するのはやめましょう。これで不潔域もなくなりきれいにブラッシングできますね。

 

今回もアンカーインプラントは使用していません。表側に一切装置を装着していません。八重歯のせいで膨らんだ口もともすっきりしました。

 

掲載に協力していただいてありがとうございました。八重歯がかわいいと言ったのはかなり昔の話です。

 

絞り込み検索: の症例を見る