最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

1956A.jpg

臼歯部(奥歯)の反対咬合を交叉咬合と言います。これに対して前歯部は反対咬合とそのまま言います。この症例は歯列が細く前歯にはかなりでこぼこがあります。そしてもう一つの問題は臼歯部が反対咬合だと言う事です。

 

上の歯列の幅が狭い、あるいは下の歯列幅が広いということのどちらか?あるいは両方という事もあります。この患者様の場合は両方とも細いんですが上の歯列弓の幅が狭くなったために臼歯部が交叉咬合(反対咬合)ということになっています。

 

歯列弓の大きさは成人の患者様の場合広げすぎてはいけません。もちろん歯が骨の外に出て行ってしまいます。それ以前に唇や頬の筋肉に抵抗されて広げたあと後戻りしてしまいます。よくマウスピース矯正で歯を抜かずに治療した方にこれが見られる事があります。この場合は後戻りに注意しなければなりません。

 

厳しい症例でした装置がある程度治った所をお見せします。

1956B.jpg

この患者様の場合は上の歯は抜いていません。そして下の前歯を1歯抜いて治療しました。これはよく行う小臼歯を抜く治療とは違います。下の前歯は小臼歯の次に抜かれる歯です。小臼歯を抜かずに下顎前歯を1歯抜いただけで治りました。どんな症例にも適応できるものではありません。よく検査、診査しなければいけません。

あともう少しでブラケットを外せます。掲載に協力していただいてありがとうございました。今回もアンカーインプラントは使用していません。表側に装置は一切装着していません。

 

絞り込み検索: の症例を見る