最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

・ 相対捻転(そうたいねんてん)

1972A.jpg

上顎の中切歯が相対捻転(上の顎の前歯が左右対称に捻転している)しています。

この患者様は上下の歯列弓の形も前に行くほど細いV字型をしています

正常な歯列弓の形はU字型です。

そのために口もとが出た感じを受けます。

1972B.jpg

歯を抜かずに治療しました。

歯を抜かないと治療期間が短くて済みます。

歯列弓の形を変えることによって歯が出ているのを改善できました。

リンガルブラケット(裏側)からの治療は矯正力を加える作用点が内側にあります。

そのために前歯が前に出ることはありません

表側だとそうはいきません。やはり前に出てしまいます。

抜かずに済むケースが表側よりも少なくなります

これは前に出ると結局鼻が低く見えてしまい。

横顔が悪くなってしまいます

これを防ぐことができます。

今回もアンカーインプラントは使用していません。

外科処置も行っていません。もちろん表側に装置は一切付けていません。

掲載に協力してくださり有り難うございました。

 

絞り込み検索: の症例を見る