最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

2339A.jpg

この症例は噛み合わせが深いタイプの上顎前突(出っ歯)症例です。

噛み合わせ深いとリンガルブラケットでは治療ができないと思われている方

そんな事はありません。可能です。

 

ところがよく見るともう一つ大きな問題があります。

パントモ.jpg

歯全体を撮影した写真です。これは治療後の物です。

実は赤いまるで囲った部分は乳臼歯です。

そしてその後に生えてくるはずの第二小臼歯(前から5番目の歯)がありません。

下顎の第二小臼歯と上顎側切歯(前から2番目の前歯)は先天欠如が好発する部位です。

先天欠如とは初めから歯がないという状態です。

後方には埋まったままの親知らず(第三大臼歯)があります。

ここで問題が起きます。この第二乳臼歯をどうするか?

・抜いて第三大臼歯を萌出させる。

・その歯根の状態もよいのでそのまま使う。

この患者様の場合は後者を選びました。

一つは下顎は歯を抜く必要がないこと。そして第二乳臼歯が大きく

抜いた場合はその場所を閉鎖できるか?という事

さらには第二乳臼歯に問題がない健全歯である事第二乳臼歯を残すことにしました。

それでもやはりもしかの場合に備えて第三大臼歯は取っておくことにしました。

もう少しで装置がはずれる状態をお見せします。

2339B.jpg

どうでしょうか?上顎だけ小臼歯を抜歯しました。

下顎の奥から3番目が第二乳臼歯です。

虫歯もなくとてもきれいな歯です。

この歯は後から生えてくる永久歯がないので抜けたりしません。

 

歯の数は少なかったり、多かったりします。

なるべく歯を抜かずに、どうすれば患者様にとってよいか?という方法を考えるのが

矯正歯科医の仕事でもあります。

 

今回も外科処置、アンカーインプラントなどは使用しいません。

表側にはまったく装置は装着していない事をアイ矯正が保証します。

参考になられる方も多い方と思います。

掲載に協力して頂きました。ありがとうございました。

 

絞り込み検索: の症例を見る