最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

2024-A.jpg

上顎の真ん中から2番目の歯が生まれつきありません。

これを先天欠如と言います。

実はこの2番目の前歯(側切歯:そくせっし)は先天欠如や形態の異常が起こりやすい歯です。

大きさが小さかったりします。

そのために前歯に隙間が空いた状態になります。

これはかなりの苦痛です。

そこで矯正で隙間を集めてできた空隙にインプラントを埋入してもらいました。

2024-B.jpg

患者様にとっての右側の歯にはブラケットがついていません。

この歯はインプラントです。

治療途中に時期をみてインプラントを埋入して頂いていました。

これなら患者様にとって装置が外れた時にはすでにきれいに歯が入った状態になります。

インプラントを2本入れるよりは1本で済んでいます。

これは人工的な歯を減少させること、経済的にもインプラント費用の削減につながります。

こうした治療を学際的な治療と言います。

 

インプラントの埋入はもちろん私たちが行ったのではありません。

インプラントはインプラントを得意にしている先生に依頼させて頂きました。

専門家どうしてです。計画的です。

 

アイ矯正はこういった学際的な治療を積極的に取り入れています。

専門家と初めからチームを作り治療を采配していきます。

治療は成功しました。

 

いわゆる矯正の世界で言うインプラントアンカーは使用していません。

あれは矯正治療が終われば取り除いてしまう物です。

また表側には装置は一切装着していません。

アイ矯正がこの事は保証します。

 

掲載にご協力ありがとうございました。

きっと参考になる患者様がいると思います。

 

絞り込み検索: の症例を見る