最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

2572A.jpg

開咬は不正咬合の分類分けの中でもっとも難しい症例です。

開咬はその原因が複雑です。

・骨格性・歯の問題・口腔機能(咀嚼、嚥下、発語の仕方)・口唇や舌の機能

など多岐にわたします。さらにそのすべてが関わっている場合もあります。

成人になるとそのすべてが解決できるわけではありません。

例えば骨格は手術をしない限りは変化しません。

この患者様の場合はそのすべてが関わっていました。


そこでアイ矯正では担当の歯科衛生士を決めて

MFT(筋機能訓練)嚥下、咀嚼の仕方の練習をしていただきながら

リンガルブラケット(裏側矯正)を行いました。

2672B.jpg

大変まじめな患者様でよい結果が得られたと思います。

後もう少しで装置が外れます。

外れてからもしっかりメインテナンスに通って頂きます。

 

掲載にご協力ありがとうございました。

アンカーインクラントは使用していません。表側には一切装置を着けていません。

 

絞り込み検索: の症例を見る