最新治療例ブログ
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
最新治療例ブログ
小児矯正について
求人案内
トピックス

2625A-1.jpg

上顎前歯部が下顎前歯に覆い被さっています。

これは上顎前突でしかも噛み合わせが深いです。

こういった症例はリンガルブラケットでは不可能を思われがちですが

そんな事はありません。

この患者様の場合はもう一つ大きな問題があります。

上顎第一大臼歯、前から数えて6番目の歯がありません。

写真上で矢印で示しました。

あるんじゃないか?と思われるかも知れませんが

レントゲン写真上では第一大臼歯がなくて

すでにその後ろの第二大臼歯が前に移動してその空間を埋めています。

こんな事があるの?と思われるかも知れませんが

歯は失った空間を埋めようと自然に移動するものです。

歯の形からも上顎の最後方歯は第二大臼歯です。

従って上顎には大臼歯は1歯しかありません。

こも噛み合わせが深くなっている原因の一つです。

歯の数が少なくなると噛み合わせは深くなります。

2625B.jpg

そろそろ装置が外れそうな時の写真です。

噛み合わせは上がりました。

正中線もほぼ合っています。

でこぼこもありません。

もう少し調整すれば治療は終了です。

上顎第一大臼歯がありませんから

第一小臼歯などは抜かずに非抜歯で行いました。

いかがでしょうか?成功したと思います。

成人矯正は学童や小児の矯正治療と違い色々な問題を抱えています。

その中で患者様にとってベストは何かを考える治療です。

リンガルブラケットを使用して矯正治療しました。

あきらめずに綺麗で機能的な歯並びを手に入れる事が

体にも心にも健康だと信じています。

 

絞り込み検索: の症例を見る