フジタメソッド・裏側矯正について
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

舌側矯正治療(裏側矯正治療)の背景

 

【舌側矯正治療は日本で生まれた治療法です】

舌側矯正治療は1970年代にかけて藤田欣也先生が世界ではじめてアメリカ矯正歯科学会誌に方法と症例を掲載したことで世界に発信されました。

フジタメソッド 裏側矯正装置

 

当時はマスコミに紹介されましたが、治療の複雑さや手間がかかるなどの問題で普及したとは言い難い状態です。実際にこれを治療に取り入れた大学は1つだけでした。ところが現在では、バブル経済の崩壊や歯科医師の過剰な現在患者獲得のために「見えない矯正治療」と検索すれば多くの医院が検索できます。

多くの医院ではカウンセリングで説明が少ない・薦められない…

実際に矯正歯科医院でカウンセリングを受けると、治療を避けるような話や「カウンセリング、治療の質が落ちる」、あるいは「上の歯の裏側に装置を付けると咬みこむために治療が困難である」といった偽りの説明をされて実際に治療至らないケースが多くあります

「下は表側矯正にしてほしい。」といったことも多く言われるようです。
実は下の歯を表にすると治療が大変簡単になるのです。特に歯を抜かなければいけない場合には下の前歯の角度をコントロールすることが難しくなります。そこであまり経験のない先生は「下の歯はあまり見えないから」とか「発音がしづらい」という理由をつけて表側に付けさせてほしいと言うことが多いようです。
また矯正治療は成人の方、高齢の方たちも治療は可能です。できないのは歯科医師サイドの問題です。これは歯科医師が努力しなければなりません。

表側で治るものは裏側でも治る” これは当然のことです。これは私たちのモットーです。
私どもの医院には様々な医院で治療を断られた方たちが全国から集まって来てくれます。

「治療はできます。間違いなくできます。」

私どもから治療をお断りしたことはありません
私どもはすべての患者さんにご自身の希望にあった装置で治療できるように準備ができています。アンカーインプラントについてもそうです。本当に必要な方には行いますが、ほとんどの方は必要ありません。工夫次第で外科処置を減らせます。

大学病院で研鑽を積んだドクター集団です

裏側矯正治療のスペシャリストです

 

治療を希望される方の中には「本当は治療したいけど、矯正装置が見えるのがいやだ」、「今治療を始めると職場や友人に会うたびに矯正を始めたことを説明しなければならない」といったことが障壁になり、表側での矯正治療に二の足を踏む方が多いのが現実です。

私たちアイ矯正歯科は、大学病院でリンガル(裏側)ブラケットの研鑽を積んだドクターで構成された大変珍しい医院です。裏側矯正をご検討されている方は、是非ご相談ください。

フジタメソッド〜多機能ブラケットだからできる!

私たちのブラケットは第5世代フジタメソッドのブラケットを使用しています。
このブラケットは他のブラケットには例をみないほどの多機能ブラケットです。世界でただ一つのthree slotsブラケットです。この第5世代フジタブラケット(5回の大きな改良を加えたの意味)上段にはOcclusal slot下段にはHorizontal slotそして見えないですがブラケットの中を上下に貫くVertical slotが装備さえています。普通のブラケットはHorizontal slotだけです。 どうしても裏側からのアプローチには制限があります。そこで多機能が必要になります。これだけ多機能だから治療が可能です。

【フジタメソッド】

フジタメソッド フジタメソッド

ダブルワイヤー

ダブルワイヤー

2本の硬度の違うワイヤーを使います

このフジタメソッドをさらに研究し、難症例に対応させる方法がダブルワイヤーシステムです。
これは私の夫が研究したもので他の医院では行われていませんこの方法が使えるからこそ、当院では裏側(舌側)矯正で対応できない症例がないのです
本物の見えない矯正を支えてくれるこのブラケットに感謝です。
そして、この方法を見出してくれた夫に感謝です。