• 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

抜いても良い歯・悪い歯

抜いても良い歯・悪い歯
A.前歯 抜きません! 噛み切る為に4本必要です。見た目にも重要!
B.犬歯 抜きません! 八重歯などになっている場合も抜きません。根っこが長く寿命が長い歯。
大黒柱のような歯で他の歯の支えにもなります。
C.第一小臼歯 抜く場合アリ

小臼歯は機能が限定されているので1本抜いても支障がありません。 また、2本が似た形です。

見た目や治療のためのスペースを考え、基本的に第二小臼歯を抜きます。
むし歯などの時は第一小臼歯を抜きます。

D.第二小臼歯 抜く場合アリ
E.奥歯 抜きません! 食べ物をすりつぶす大事な歯です。
F.おやしらず 抜きません! 通常、大きな問題が無ければ役に立つ場合もあるので抜きません。

お子様の症例など

お子様の抜歯症例

患者さん本人が装置に慣れるまで歯を抜くことはしませんでした
彼女が慣れたのを確認して抜歯をすることにしています。こういったことをすることはよくあります。
もし彼女が慣れない場合、表側からの矯正治療は受け入れられないからです。
結局ただ歯を抜いたことだけが残ります。これは大変なことです。そこで必ず確認します。
第一小臼歯(前からの4番目の歯)を抜くことよりも5番目の第二小臼歯を抜くことが多いです。
そのため、さらに正面から歯を抜いたことを気づかれません。


抜けた所が気になる方へ

抜けた所が気になる方へ

第一小臼歯を抜歯した場合に抜歯でできた隙間が気になるかもしれません。
そういった場合は写真のような抜いたところには歯の表側だけを再現した特殊な人工の歯を装着できます。これで正面から見てわかりません