矯正治療について
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金
  • 基礎知識
  • よくある質問
  • 症例・装置
  • 費用

小児矯正 よくある質問

当院に寄せられる、よくある質問をご紹介いたします

小児矯正のよくある質問

何歳ごろから歯並びの治療をしたほうがいいのでしょうか?
ずばり言えば7歳です。矯正は永久歯が生えそろう前から行ったほうが治療効果は高いため、始めるなら7歳がベストの時期です。
ただし、その時期をすぎても、その状態に合わせた治療目標と治療方法で治療は可能です。
治療開始時期をご自身で判断されるのは、非常に難しいと思います。
ご不明点はお気軽にご相談ください。
小児矯正ってどんな治療をするんですか?
あごの成長とともに行う早期治療・第一期治療では、全ての永久歯が生えそろう前にあごの形や噛み合わせ、悪い癖を調整する治療を行います。この時期ではあごの成長をコントロールできるので、あごの大きさや位置のバランスを整え、歯並びを改善します。
全ての永久歯が生えそろった第二期治療では、成人矯正と同様に歯列を動かす治療を行います。第一期治療を行っておけば、第二期治療を効率的に行うことができ、健康な歯を抜歯しなくても済んだり、治療期間を短縮することも期待できます。
食事は普通にできますか?食べてはいけないものはありますか?
普通に食事をしていただいて大丈夫です。また基本的に食べてはいけない物はありません。
ただしガム、キャラメルなど粘着性のあるもの、せんべい、氷など硬いものなど、お子様の好む食事やお菓子によっては、矯正装置に影響を与えることもありますので注意が必要です。
もし装置が壊れたり外れたりしたら、自分で何とかしようとせず、必ず歯科医に診てもらってください。
矯正治療中に痛みはありますか?
装置を装着した直後や通院治療後には、歯を噛み合わせると多少の違和感や痛みが生じることが数日間あります。個人差もありますが、小児期のお子さんは大人に比べて歯が動きやすく骨も柔らかいため、痛みは軽度のことが多く、あまり心配の必要はありません。
矯正治療中の歯磨きはどうしたらいいんですか?
当院のスタッフが丁寧にブラッシングを指導いたします。
せっかくキレイな歯並びを手に入れても、むし歯にしては台無しです。正しいブラッシングさえ分かればむし歯のリスクはかなり軽減できます。
治療後に後戻りすることはありますか?
正しい治療計画や処置がなされていないと後戻りをする可能性はあります。
歯並びが整えられると、舌の位置や動きを変えないと元に戻ってしまう原因になりかねません。当院では正しい診断・治療計画・治療後の定期チェックはもちろん、後戻り防止や正しい発音、飲み込みなどの為に舌のトレーニングを指導しています。