保険のきく歯列矯正・外科矯正・神奈川県横浜市
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

外科矯正・保険適応可能な矯正治療

外科矯正は、矯正治療と外科手術を併用する治療方法です。顎変形症などの患者様は、骨格的な問題で通常の矯正治療だけでは理想的な噛み合わせや輪郭にならないことがあります。
このような場合、骨格的な改善が必要になるため、外科手術と歯列矯正を併用した治療を行う場合があります。
当院は「更生医療指定医療機関」ですので、外科矯正の対応が可能です。
当院では該当する患者様に対し、検査・診断の際に通常の矯正治療、または外科矯正をご提案し、メリット・デメリットをご理解いただいたうえで、患者様に治療方法を選んでいただいております。

保険適応の条件

外科矯正は下記条件を満たすことで保険適用が可能になります。
  • 顎変形症など指定症状
    上顎前突症・上顎後退症・下顎前突症・下顎後退症・開咬症・顎骨非対称症例
    その他、厚生労働省が定める病気(唇顎口蓋裂 や鎖骨頭蓋異骨症など)に起因した咬合異常外科手術
  • 外科的手術をする事
  • 更生医療指定医療機関で「表側装置」で治療すること

外科矯正のイメージ

外科矯正の一般的な治療の流れは、術前矯正(歯科医院)→.外科手術(口腔外科等)→.術後矯正(歯科医院)の流れで行われます。術前矯正は顎の位置が変わる事を考慮して矯正治療しますので、一時的に症状が悪化する方向へ歯を動かすことがあります。

外科矯正が必要な場合

外科矯正でも裏側矯正は可能です

外科矯正でも裏側矯正は可能ですが、保険が適用されません。
また、法律の問題で外科手術を受けた方が裏側矯正をすると外科手術にも保険が適用されません。

表側矯正+外科手術 裏側矯正+外科手術

矯正・保険分軽減
外科手術・保険分軽減

×矯正・保険適応不可
×
外科手術・保険適応不可

両方に保険が適応
通常の矯正費用よりも安価に。

外科手術も保険適応不可
費用負担が大きくなります。

当院でも外科矯正をされる方は、表側矯正をすれば通常の矯正よりも安価になるため、表側の装置を選択される方が多い傾向にあります。

当院の外科矯正の体験談

体験談:女性10代前半:外科矯正 矯正で顔つきまで明るくなりました