治療例
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

小児 受け口(反対咬合)

8歳の小児矯正治療例です。矯正治療は成長とともに治療すると最高の効果が現れます。
この症例は、すべての歯が反対咬合なのです。奥歯も含めて全部反対で、受け口でした。
相談のうえ、上顎骨前方牽引装置を使用しました。こちらの装置は上下の顎のバランスを調整するために一般的に骨の成長が活発になる前に使用され、夜寝る時に装着します。

【8歳】

治療前(右正面)   治療前(正面)   治療前(左正面)

【14歳】

治療後(右正面)   治療後(正面)   治療後(左正面)

治療結果は14歳時のものです。いかがですか?反対咬合はどこにもありません。
外科矯正も回避できました。これからマルチブラケットでの治療になります。

お子様の矯正治療は、是非アイ矯正にご相談ください。
ベストを尽くすことができる環境は整っています。

症例・体験談メニュー

最新治療例ブログ

治療症例トップに戻る