治療例
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

八重歯 19歳 女性

19歳の女性が八重歯の矯正治療を受けられたケースです。2本抜歯をしています。彼女は前歯と犬歯(いわゆる「八重歯」)が出っ歯になっていることを悩んで相談にいらっしゃいました。
以下に「治療開始時」→「抜歯後」→「治療後」→「口もとの比較」と、4ステップの写真を掲載しました。治療のステップごとに、歯並びがどのように綺麗になっていくのかをご覧ください。

治療開始時
診断の結果、上あごの小臼歯を1組抜くことで、綺麗な歯並びを実現できると分かりました。(下あごの歯は抜く必要がありません)。早速治療開始です。

全体写真(前から見たところ)   全体写真(横から見たところ)
上あごの写真   下あごの写真

抜歯後
下あごの歯並びのせいで矯正用の装置をつけにくかったため、「下あごをある程度矯正する」→「上あごの抜歯をする」→「上下ともに本格的に矯正を始める」という順序で進めています。下の写真は下あごの矯正を始めたところです。やっぱり前から見ても矯正していることは分かりませんよね。

全体写真(前から見たところ)   全体写真(横から見たところ)
上あごの写真   下あごの写真

治療後
2〜3年かけて治療が完了しました。もう完全に健康な歯並びと変わりません。

全体写真(前から見たところ)   全体写真(横から見たところ)
上あごの写真   下あごの写真

口もとの比較
矯正治療をして歯並びが良くなると、笑うときにも歯を見せて大きく笑えるようになります。

前から見たところ(治療開始前)   前から見たところ(治療後)
前から見たところ(治療開始前) 前から見たところ(治療後)
横から見たところ(治療開始前)   横から見たところ(治療開始後)
横から見たところ(治療開始前)

症例・体験談メニュー

最新治療例ブログ

治療症例トップに戻る