治療例
  • 見えない裏側矯正歯科ガイド
  • 治療について
  • 治療例
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 治療Q&A
  • 院長・ドクター紹介
  • 院内紹介
  • 料金

もっと早く来ればよかった…

症状:反対咬合(受け口)・八重歯
男性:30代前半
抜歯:2本

私はずっと「受け口」「八重歯」「噛み合わせが悪い」という三重苦で悩んでいました。
正直「こんな沢山の悩みを持った患者も少ないだろう」と思っていましたが、院長先生に「そういう風に、複数の症状で悩んでいる方はたくさんいますよ」と言われびっくりしました。
しかし、続けて院長先生が口にした「心配しなくても大丈夫ですよ、悩みがたくさんある人ほど治療の効果は絶大ですから。」という言葉を聴いてとても安心したことを覚えています(「もっと早く来ればよかった」という後悔もありましたが…)。

そこで矯正治療に踏み切ることにしました。この年で人目につくブラケットを付けるのは(例え目立たないものでも)抵抗があったので、院長先生に「人から見えないように治療してほしいのですが…」と相談すると意外にも「はい、できますよ」とあっさりOKの返事をもらい拍子抜けしてしまいました。

全体写真(前から見たところ)   全体写真(横から見たところ)
上あごの写真   下あごの写真

裏側に矯正装置を付けてみると、はじめは「少ししゃべりにくいかな」と思ったのですが、すぐに順応して、それ以降は快適な矯正ライフを送ることができました

全体写真(前から見たところ)   全体写真(横から見たところ)
上あごの写真   下あごの写真
全体写真(前から見たところ)   全体写真(横から見たところ)
上あごの写真   下あごの写真

少し話しはそれますが、院長先生について書かせてもらいたいと思います。
治療を受ける中で色々とお話をする時間がありましたが、裏側矯正についてお話した時には「この治療法を身につけることができてとても運が良かったです。まだこの治療法が全く知られていないころ、裏側矯正を研究していた先生に大学で直接教えていただくことができたおかげです。タイミングが良かったと思います。」とおっしゃっていました。全く新しい治療法だったので症例も少なく認知度も低くて苦労されたそうです。

また「当時は治療法として主流ではなかったので大変でしたし正直不安もありました。でも必ずこれは患者さんのためになると確信していたので、これまで続けて来る事ができたのだと思います。今では多くの患者さんに喜んでもらうことができて、本当に嬉しいですね。」とおっしゃっているのを聞いて、この先生に治療してもらって良かったと思いました。

院長 福井の診断ノート

<診断名:低位唇転位(八重歯)を伴う前歯部反対咬合>
犬歯は寿命も長く、他の歯を支える大事な歯なので抜歯はしません。

※この体験記は患者様のご好意で書いていただいているものであり、氏名などはプライバシー保護のため伏せさせていただいております。

症例・体験談メニュー

最新治療例ブログ

治療症例トップに戻る